子どもの心を育むHappy Project 

読書感想文がスラスラ書ける1day作文教室を開催。参加者募集中

1808c3766476e804ce665807f3771379_s

豊かな表現力で、読書感想文がスラスラ書ける1day作文教室を開催します

「読書感想文がうまく書けない」「何を書けばよいのかわからない」というお子様がいらっしゃいます。原稿用紙を前に、手が止まってしまうというお子様もたくさんいらっしゃいます。

しかし、実は、お子様の頭の中には、たくさんの考えや想いが詰まっているのです。
自分の意見や考えを伝える方法が分からないために、「作文が苦手」と感じてしまっているだけなのです。

さらには、小さなお子様の場合、語彙も少なく、思っていることを言葉にすることは非常に大変な作業です。決して難しい言葉を知っている必要はありません。今感じていることを素直に文字にすることができれば、作文は書けるのです。

この教室では、自分の気持ちや感情の表現方法を理解し、読書感想文の土台を作っていきます。

また、文章を書くだけではなく、言葉のおもしろさを学んだり、いきいきとした文章を書くためのディスカッションを行うなど、アクティブラーニングを通して作文の楽しさを感じていただけます。

【開催日時】
①2017年7月27日(木)12:30~15:30
②2017年8月1日(火)  12:00~15:00
③2017年8月23日(水)10:00~13:00
【開催場所】
①②東京都世田谷区玉川(二子玉川駅から徒歩3分)
③東京都目黒区緑が丘(自由が丘駅から徒歩4分)
※詳細は、お申し込みの方にご連絡いたします。
【対象年齢】
小学2年生~小学4年生
【募集人数】
各回8名
【参加費】
5,500円
※事前にお振込みをお願いいたします。
【持ち物】
読んだ本、筆記具(鉛筆、消しゴム)、国語辞典、付箋、水筒
※必ず本を読了のうえ、ご参加ください。
★★お申し込みはこちら★★

〔こんなお子様のご参加をお待ちしています。〕
■読書感想文って何を書けばいいの? と悩んでいるお子様
■読書感想文を1人で書くのが苦手なお子様
■「面白かった」「楽しかった」だけではない表現方法を知りたいお子様
■読書感想文を早めに仕上げて夏休みはそのほかのことに時間を使いたい! というお子様
■お友達がどんな本を読んでどんな感想を持っているのか知りたいお子様
■書くことが好きなお子様
■書くことが好きになりたいお子様

〔講師のご紹介〕
黄野いづみ/キアノ・インターナショナル株式会社 代表、一般社団法人教育コミュニケーション協会認定 キッズ作文トレーナー
アメリカのメディア会社やテレビ局にてインターンとして働いた後、帰国後は出版社で広告営業、企画編集ライターとして活動する。10年間の出版社勤務を経て独立し、キアノ・インターナショナル株式会社を設立。大人向けライター指導、子ども向け作文指導を行い、豊かな表現力、発信力、コミュニケーション能力を引き出すプロジェクトに取り組んでいる。2児の母。

南彩/一般社団法人教育コミュニケーション協会認定 キッズ作文トレーナー
詩人である父のもと、幼少児より、様々な短歌や文学に自然とふれながら育つ。読み深めること、表現すること、言葉遊びの面白さを幼少時代から身に付け、大学に進学後、英文学を学ぶ。娘の幼稚園受験をきっかけに、幼児教育、児童教育に目覚め、子どもたち誰もが持っている素晴らしい感性や表現力をさらに引き出したいという思いから、キッズ作文トレーナーとなり指導を行う。1児の母。

尾澤智子/一般社団法人教育コミュニケーション協会認定 キッズ作文トレーナー
アメリカでメイクアップアーチストとして活動。短大を卒業後帰国、フリーで活動し、大手外資系企業勤務を経て、出産後はビューティーライターとして執筆している。息子が私立小学校受験を経験し、子どもの表現力を引き出す重要性を痛感。キッズ作文トレーナーとして、子どもとの日々の向き合い方を研究している。男子2児の母。

〔保護者の方へ〕
本教室の目的は、自分の気持ちや感情の表現方法を理解し、作文の書き方を学ぶことです。そのため、原稿用紙の清書をゴールとしておりません。(ペースによっては清書までされるお子様もいらっしゃいます)清書に関しては、ご自宅で進めていただくことになりますが、当教室でお子様にご使用いただくプリントに書いたことをそのまま書き写していただくことでスムーズに完成させることが可能です。

★★お申し込みはこちら★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>